事業内容

JR東日本フーズは、外食事業・弁当事業・製造事業の三部門を柱に、お客さまへ食の喜びをお届けしています。

外食事業

飲食店舗

「クイックな食の提供」のプロフェッショナル集団として、エキナカのデイリーユーザーを対象に幅広い業種業態の店舗づくりを行っています。
カフェ・ベーカリー・そば・ラーメンなどのファストフード型店舗から、専門の料理人を有するフルサービス型店舗まで、さまざまなシーンでご利用いただける特色ある店舗運営を行っています。また、有名シェフや業界をリードする有名他社とコラボレーションした店舗も展開しています。当社の飲食事業は、これからも「おいしくて安全な商品の提供」と「お客さまのおもてなし」を大切に、基幹事業として発展し続けます。

コントラクトフード

JR東日本本社社員食堂をはじめとする各企業の社員食堂や学校・病院・高齢者施設において、安全で安心できる質の高い食事提供を実施しています。「美味しく、楽しく、豊かな時間を過ごしていただけるように」をコンセプトに、お客さまの日々の食生活をサポートします。
また、病院や高齢者施設の食事は、食事を召し上がる方の身体の状態に合わせ、常食・ミキサー食・ソフト食を提供するなどきめ細やかな対応をしています。
管理栄養士監修のもと、お客さまのニーズをとらえた豊富なメニューを展開し、「おいしい」と心からご満足いただけるサービスの提供に取り組んでおります。

弁当事業

日本が世界に誇る食文化「駅弁」。旅情あふれる豊富なラインナップで、お客さまの「ハレの日」の思い出に彩りを添えます。また、駅構内という立地条件のもと、ビジネスマンからご家族連れなどさまざまなお客さまのニーズやシーンに対応するために、いつも新しい発見や変化に富んだライブ感・シズル感あふれる全国駅弁専門店・おにぎり専門店・郷土料理の食物販店・地域と連携した店舗など、毎日立ち寄りたくなる、さまざまな業態を展開しています。

製造事業

当社の製販一体の中核を担うセントラルキッチンCK本部は、4つの製造工場と物流システムで構成されています。それぞれの工場の特性を活かし、自社・グループ店舗、コンビニエンス・スーパー向け製品の製造や食材等を調理加工し、温度管理された倉庫・配送車で、各店舗へ毎日配送しています。